インフルエンザB型の症状

インフルエンザにタミフル:リレンザ(予防投与の効果と副作用)

インフルエンザには、A型・B型・C型がありますが、一般的なのは、A型とBタガです。
この中で最も流行しやすいのがA型と言われています。
インフルエンザB型は、A型の次に流行性の高いインフルエンザウイルスの種類です。

インフルエンザB型は、毎年のように流行するということはありませんが、数年おきに猛威を奮います。

インフルエンザ B型の症状は、一般的な風邪の症状と非常に似ており、発熱や咳、痰、倦怠感、筋肉痛、関節痛、気管支炎などがあります。
インフルエンザA型と似ている症状ではありますが、気管支系や消化器系に炎症が起きやすいともいわれています。

風邪との違いとしては、急な発熱や強い悪寒などがあります。
発熱は38度を超えるか否かが一つの基準となります。

インフルエンザであると診断を受けた場合には、抗ウイルス薬であるタミフルが使用されることがあります。
症状が出てから48時間以内に使用することで、インフルエンザの症状がひどくなる事を抑えるとともに、早期回復を見込むことが出来ます。

通常は、1日に2回、3~5日程度服用することになります。
状況によって異なりますので、必ず医師の指示に従って服用するようにしましょう。

タミフルは副作用の少ない安全な薬ですが、場合によっては副作用を生じることがあります。
服用後体調に異変を感じるようなことがあれば、服用を中止し、医師の診断を受けることをおすすめします。

タミフル アルコールの関係としては、タミフルを服用している時にアルコールを摂取してはいけないというわけではありませんが、副作用が生じる事がありますので、タミフルを服用後アルコールを摂取する場合には、ある程度の時間をおいてからにしましょう。