インフルエンザの宿主にならないよう予防接種

毎年秋が終わる頃になると、会社等から予防接種についての案内文などが届くので、それでインフルエンザが始まる時期なのかと実感させられる人も多いのではないでしょうか。ウイルスが流行しそれに感染してしまうと、自分はそれの宿主になってしまいます。そして体内で増殖して高熱を始めとしたいろんな症状を引き起こしていくわけです。

予防接種の案内文に関しては会社によっていろんな内容になっているのですが、補助金などの制度が記載がある事もあります。その場合は病院に受診する敷居も低くなるので、早めにワクチンを打ってもらって流行に備えておく事ができます。インフルエンザは流行りだしたらあっという間にそこかしこで流行りますので、予防としては案内文が来たらすぐに受診しに行くぐらいの気持ちでもいいでしょう。

元々の自然宿主は水鳥などの鳥類だったのに、変異を起こしてヒトにも感染をしてしまい、ヒトインフルエンザの場合はヒトが自然宿主となってしまっています。季節性のものは少しずつ変化をしていきますから、予防接種を受けることで感染を回避したり、症状の重篤を防ぐ事などもできます。自分は感染したりしないと楽観的に考えている人もいないわけではないのですが、周囲に感染者が増えていると、衣類や物などにはインフルエンザウイルスが付着して汚染されている場合もあります。きちんと手洗いやうがいなどをする事も大切ですし、無闇に自分の顔なども触ったりしないようにしたいものです。場合によっては自分の手から接触感染という事もありえないわけではないからです。しっかりと事前の予防をして、マスクなども使いながら日々のインフルエンザ対策を頑張っていって下さい。